国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 行動医学研究部
菅原 彩子
「医療機関を受診していない摂食障害患者と家族の支援ニーズに関する調査研究」

◇助成研究評議委員

本研究内容は、必要性が高いにもかかわらず実施の難しさから、研究の実施が少ないテーマである。
ご自身や共同研究者が持ち合わせるネットワークを駆使して、対象者の人数を目標まで集めることができれば、大きな成果につながる研究だろう。得られた結果から、今後の展望までしっかりと検討し、未来につながる有意義な研究となることを期待している。